痩せるキャットフード

飼い猫が太る理由ですが、猫と人間は体重が大きく異なります。
飼い主と同じような食事をしていれば、猫は太ることになってしまいます。
まして、家猫で外に出さずに、飼い主が遊んであげなければ運動不足となり、それもまた肥満につながってしまいます。


猫の肥満を防ぐ方法ですが、太った猫用の低カロリーのキャットフードが販売されています。
そのようなキャットフードを与えれば、カロリー制限をすることが可能です。
多くのキャットフードは、良質なたん白質やビタミン類、マグネシウムやミネラルなどの成分をバランス良く含んでいるので、栄養の良いキャットフードを与えることで、毛並みや皮膚の状態も良くなります。


キャットフードには、水分の含有量の少ない「ドライタイプ」、含有量の多い「ウェットタイプ」、この中間である半生の「セミモイストタイプ」があります。
また、子供の猫と成人の猫と老猫の年齢ごとでも分かれているので、飼い猫に合ったものを購入してください。


ただし、猫にも好みがあって、味やニオイ、食感など、猫にしかわからない独自のものがあるようです。
高いエサを買ったものの、猫がまったく食べてくれないことも起こります。
同じエサを与え続けて飽きられることもあるので、安いからといってまとめ買いすると後悔することになります。


新しいエサに切り替える場合は、現在食べているエサに少量ずつ新しいエサを混ぜ込むなどの工夫が必要です。
猫の好みに合ったエサを与えましょう。

Copyright © 2014 低カロリーのキャットフードでダイエット! All Rights Reserved.